その12、彼氏くんのプロポーズ

その12、彼氏クンのプロポーズ

正式彼氏からのプロポーズ

 

F医師の当直明け(からの通常業務明け)と
私の日勤がカブったときはほぼ100%!!

 

 

ホテルでディナー ⇒ そのままお泊り

 

 

の流れでデートをしました。

 

 

ちなみに翌朝は、
F医師が6:00に部屋を出発。

 

 

私はそのまま、チェックアウトの時間まで
つかの間のリッチな雰囲気を楽しみました。

 

 

だいたいこれが、月に3、4回。

 

 

F医師は、とても慎重な人だったし、
私も現状が壊れるほどの深入りはしなかったので
周囲で、私たちの関係に気付いてる人は
たぶんいなかったと思います。(たぶん。)

 

 

はじめは、
仕事場とプライベートの気持ちの切り替えが、
どうにもぎこちなかった私も、
ずいぶん自然なモードチェンジが
できるようになっていました。

 

 

ちなみに、
F医師の奥さまはというと・・・
(どの口が「奥さま」っつってんだって話ですが><)

 

 

やはり医者ってことで、かなりお忙しいらしく、
夫のプライベートまで気が回らないんだと、
F医師本人が言っていました。

 

 

つまり、当時のF医師と奥さんは、
生活がすれちがっていたと
いうことみたいでした。

 

 

という絶妙なバランスが取れていたの
ですが!

 

 

ここで、当時正式に付き合っていた彼氏クンから
こんな話をいただきましたm(_ _)m↓

 

 

「俺たちさ、結婚する??」

 

 

普段からファストフードのメニューを決めるのすら
かなり時間をかける優柔不断さで
まさか自分から言ってこないだろうと思っていた
プロポーズの言葉をこのタイミングで聞くとは。

 

 

いっさい予想していなかった私は、
おもいっっっっきり取り乱しました!!(((;°Д°;))))

 

 

冷静に振り返ると
「結婚する??」と聞かれただけで
あれは本当にプロポーズだったのか?と
疑問の残るところもあるのですが(笑)

 

 

でも彼氏の口から「結婚」の二文字が出たことで
私の心のバランスが大きく崩れ出したのです。

 

 

こちらに続きます!
>>その13、あなたは大事な人をどちらも失う