その4、不倫恋愛の始まり

その4、不倫恋愛のはじまり

もうひとつの恋の始まり

 

初デートの次の日、私はF医師と
目を合わせることができませんでした。

 

 

ただ、きのうカフェで話したって
だけなんですけどね(- o -)

 

 

F医師の様子はというと・・・

 

 

特にいつもと変わりナシ。

 

 

私も、頑張って普段の雰囲気を装いつつ、
慌ただしく仕事をこなして(残業もして><)
この日は日勤だったので、
18:00には着替えて、病院を出ようとしていました。

 

 

すると、

 

 

「マリ子さん!」

 

 

と、私を呼ぶ男性の声が聞こえました。

 

 

振り向くと、F医師が私の方に
走ってくるではありませんか(;゜O゜)

 

 

よく見ると、F医師は右手に
私が仕事で使っている
ボールペンを持っていました。

 

 

「これ、忘れてない?」

 

 

とF医師。

 

 

どうせ、明日も出勤なんだし、
そのまま置いといてくれてもいいのにー。

 

 

と、思いましたが、
せっかく持ってきてくれたので!

 

 

「すみません。ありがとうございます。」

 

 

と、素直にお礼を言い、
ボールペンを受け取りました。

 

 

私にボールペンを渡すと、
F医師はこう続けました。

 

 

「と、あとさ、悪いんだけど、
今度、俺の愚痴も聞いてくんないかな?
と思って。」

 

 

「えっっっ?」と、
私はフリーズしてしまいました。

 

 

それって、またこないだみたいに
プライベートで会おうってことだよね??
そうだよねw(°0°)w

 

 

すっごく動揺したけど、
コイツ動揺してると思われたくなかったので(笑)
表情を変えないように必死でこらえつつ、

 

 

「私なんかでよければ、構わないですよ。
F先生でも困ることあるんですねー^ ^」

 

 

と私が返すと、

 

 

「いやいや、かいかぶってもらっちゃ困るな。
ちょっとうちの奥さんのことでね。
じゃ、また!」

 

 

と言い残して、
F医師は仕事に戻っていきました。

 

 

奥さんの話・・・?

 

 

F医師の奥さんって、どんな人なんだろ。

 

 

もしかして奥さんとモメてんのかな・・・(>o<;)

 

 

とか、考え出したら止まらなくなって、
早くまたF医師と話したくて、
たまらなくなりました(・w・)

 

 

あ、そうそうちなみに、

 

 

この先、F医師ともう少し仲良く打ち解けたころに
F医師本人から聞いたことですが、

 

 

このボールペンを持ってきてくれたとき
F医師は完全にそのつもり
私に声をかけてきていたみたい。

 

 

私の方も、だんだんまんざらでもなくなっていて
当時付き合っていた彼氏に対して、
後ろめたい気持ちが無くは無かったです(- -)

 

 

でも、まだこのときの私は、

 

 

「ま、お茶して話すくらい、いいよね。」

 

 

くらいに、軽く考えていました。

 

 

まさか、このあと、
自分が3年も不倫することになるなんて、
つゆほども考えていませんでした。

 

 

こちらに続きます!
>>その5、不倫相手の奥さんの話